(潜在的)資産家ブログ-投資で銀行残高9ケタを実現しよう!

現在(潜在的)資産家の私が本物の資産家になるまでの記録

2007年07月05日

中国株の配当

ほったらかしの中国株。

松井証券から配当金のお知らせの手紙がきてました。

ひさしぶりにユナイテッドワールド証券にもログインしたら電子化された配当のお知らせが溜まってました。

毎日、サーチナに設定した
ポートフォリオのほうで保有銘柄の損益はチェックしてるのですが、

お知らせを見るのは売買したときと、
年末ぐらいだったりして。
posted by ぴりちゃん at 23:36| Comment(0) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

1200 美聯集団 不動産株

久しぶりに中国株取引をしました。

昨年5月から持ち続けた

1200 美聯集団を4000株のうち半分を
売りました。

利益は1万円ぐらい

買ってからぐんぐん下がってしまったのですが、
このところの中国株全般の高騰で

やっと利益が出てきたので
半分売って、軽くしました。

銘柄研究がなかなかすすまず、

次に何を買うかは決まっていませんが

環境対策銘柄を検討しようかと思っています。
posted by ぴりちゃん at 21:17| Comment(0) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

調子がいいのは中国株

何も考えない、頭を使わないOL生活にふと疑問を感じたのは
かれこれ3年前になります。

何かしなくては!と思い、図書館で金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントという本を借りたのがきっかけで
投資に目覚めました。

金持ち父さん貧乏父さんの第2弾だったんですね。
そのときは知らなかったんですが^^;

不動産投資をしよう!と単純に思いましたが、

準備資金面では全然及ばず、
それならまずは株をやろう!と考えました。

普通なら日本株を始めるところですが、
中国株をやることにしました。

理由は、
「素人でも右肩上がりの市場なら確実に勝てる」
からです。

銘柄選びが下手でも、
「市場全体が右肩上がりのときはどんな銘柄も上がる」
らしいのです。

始めは買ってから随分下がってしまった銘柄もありましたが、
ほったらかしで気が付けば3年が過ぎ、

現在すべての銘柄がプラスになりました。

途中数回の売買をしましたが、
中国株だけは、損切りしたことがありません。

FXのように利回りがよくないのが残念なところですが、
リスクが少ないと感じます。

中国の経済成長はすごいというニュースを目にすることが多いですが、実感します。

中国人がみんなスーパーでビニールの買い物袋を使うようになると世界の石油が数年で枯渇する
らしいです。

ちょっと恐いですね・・・

ぴりからは去年、上海旅行に行ってきたのですが、
上海はぴりからが子供の頃に見ていた日本の地方都市みたいな感じでした。

デパートも外見は立派だけど、テナントがイマイチみたいな。

空気が汚れいて、小学校の時に「光化学スモッグのため今日の体育はお休みです」って言われた時みたいな(笑。

中国は今月15日ぐらいから旧正月だそうです。

この旧正月にあわせて消費も盛んになります。
去年は爆竹の規制が緩和されて、ものすごい売れ行きになったとか。
(そういうところは日本と違う?)

内需銘柄中心にこれからも伸ばしてくる展開のようです。
posted by ぴりちゃん at 23:37| Comment(0) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

H株指数高値更新

14日のことですが、
中国株のH株指数が年初来高値を更新しました。

ぴりからのポジションもほとんどが含み益を出してきました。

こうなってくると利確したい虫がウズウズ。

株価が倍になってしまった
0904 緑色食品(チャイナグリーン)を利確するか、

はたまたこんなに他銘柄が調子がいいのに
いまだにマイナスで、
それでもマイナス幅を縮めてきた
1200 美聯集団(ミッドランド)を損切りするか・・・

先日、薄利で半分売った
0203 駿威汽車(デンウェイモーター)の残りに利益がでてきたのを理由に売るか・・・・。

まったく悩ましいのは
売買にマイルールを決めていないのが原因なのでしょうか?

ここで全銘柄を手放しても、
来年にまた中国株全体が不調になったときに
買い戻せばいいのでは?という考えがあるからです。

中国株の成長に大いに期待していることだけは変わらないです。
利益を出していくにはそれだけでは難しい!
posted by ぴりちゃん at 20:16| Comment(3) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

駿威汽車(0203)売却

長らく保有していたデンウェー株ですが

2.99HKDで半分の2000株を売却しました。

平均取得額が2.805HKDでしたので
0.185HKDの儲け。

0.185×2000×15円=5550円

手数料が2100円なので(高!

その他税金など引かれて

実質儲けは3000円ぐらい?!

ですが、先月までず〜っとマイナス差益で保有してましたから少しでも利益の出たところで売っておきたかったんです。

まだ残り2000株ありますし、
今後高値になってくれればそれはそれで。

ヨシ!!です♪


応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング 応援お願いします!! 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by ぴりちゃん at 22:12| Comment(0) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

中国株銘柄考察:美聯集団(1200)

中国株で不動産株を買ってみようと思ったのが
今年の5月

中国株二季報をぺらぺらとめくりながら
ピックアップしていきました。

選定の基準は
「会社価値が現在価値より高いものを探せ!」
ということで、

参考にしたのは「なぜか日本人が知らなかった新しい株の本」です。

ユナイテッドワールド証券にログインして、2004年12月の決算を参考に 営業利益、流動資産と負債、固定負債、発行株数などをエクセルにパチパチと入力していった結果

美聯集団(1200)は価値がHKD6.00、現在株価HKD3.25と出ました。
チャートも上昇トレンドに見えました。

その後いろいろ悩んでいるうちに株価は上がっていき、
私が5月に約定した価格がHKD4.60

が!!そこが天井だったようです。もうやだ〜(悲しい顔)

現在私の中国株ポートフォリオの中で
もっとも悪いパフォーマンスとなっています!!

ところが先週からHKD4.00を回復してきました。

NYダウが過去最高値をつけているのが原因でしょうか?
香港株はアメリカ市場に連動しているようです。
主に金融と不動産。

ふと、原点に立ち返って
2005年12月の決算から会社価値を再計算してみることに。

すると、会社価値HKD3.91とでました!!

げっ。下がってる〜。

これはもう損切るしかないです!!
(配当も1回もらったしね)

となると、アメリカ市場の上げがどこまで続くのかが気になってきます。
これは中間選挙前の資金集めなのでしょうか。

上げている間に売り抜けたい。
出来れば買値で〜

ジレンマです。


∴・∴・∴・∴・∴
応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング 応援お願いします!! 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

posted by ぴりちゃん at 13:31| Comment(0) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

中国株銘柄研究:駿威汽車(0203)

中国株の中でかなり有名な銘柄「デンウェイモーター」

主要業務は中国での乗用車の製造・販売。
広州に日本のホンダとの合弁企業である広州本田を設立しており、日本人に人気の銘柄になっています。

2003〜4年に証券会社が中国株を押し出していたころ、「30年前のソニー、トヨタを買おう!」などのキャッチコピーの中で打ち出しされていた銘柄だったのが印象的でした。

株価はどうかというと、
2000〜2003年に急激に上げたあと2004〜2006は横ばいで、
今後も上昇の予感がありません。

6月中間決算では9.93%の減収でありながら30%の増益と発表し、
若干株価が上がってきているところですが、
自動車業界は競争が激化しており、今後上昇トレンドになりそうな材料が見当たらない状況です。

私の場合2005年からこの銘柄を4000株保有。
残念ながら差益は出ていません。

しかし、ほったらかしにしていた間に出た配当は、
2005年6月 HKD142.42
2005年10月 HKD143.91
2006年6月 HKD323.64 (←なんと去年の倍!)
合計HKD680.45(税引き後)日本円にすると約1万円です。

4000株の購入価格が約16万ぐらいでしたので
配当利回りは2005年は3%、2006年は倍の6%ぐらいになりそうです。

30年前のトヨタを買ったつもりでも、30年持ち続けるのは・・・
難しいですね(^^;

様子をみながら差益の出たところで売り抜けることを考えたいと思います。


posted by ぴりちゃん at 19:37| Comment(3) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

中国株銘柄研究:大唐国際発電(0991)

大唐国際発電(0991:香港H株)は北京周辺に電力を供給している大手電力会社です。

先週の終値はHKD5.190で単元株数2000株であれば約15〜6万で投資できます。
配当利回りは4.25%で日本株に比べるとかなりいいと思います。

中国株でも電力株は安定銘柄と言われています。
電力は供給に比べ非常に需要が高く、電力会社はどれも成長が見込めます。
でも、チャートが必ずしも右肩上がりではありません。

理由としては原料である石炭の仕入れコストが上がってしまったこと、
電力価格が政府によってコントロールされおり、自由市場ではないことが主にあげられていました。

大東国際発電は、2003年ごろから設備投資をしてきたものが、ここにきて成果がでてきました。
中間期では26.1%の増収、13.9%の増益でした。

また、政府は石炭価格に連動して電力価格を上げてよいということに決めたのも好材料です。

これから期待の銘柄と思います。
posted by ぴりちゃん at 23:50| Comment(4) | 中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。